初診専用ダイヤル03-6657-1830

墨田区堤通1-19-11リバーサイド隅田ガーデンプラザ 2F

平日 10:00~13:00 / 15:00~20:00   休診日 木 / 日曜・祝日
土曜 10:00~13:00 / 14:00~17:00   

初診専用
ネット予約は
こちら

虫歯治療・根管治療Caries and Root Canal

虫歯の原因をきちんと知って対策を

きちんとブラッシングしていても、誰もがなる可能性がある虫歯。
虫歯はミュータンス菌を代表とする細菌が原因の「感染症」です。

虫歯菌によって歯が溶かされていくと、ごく初期でない限り、歯を削る治療が必要となってきます。


虫歯になる仕組み

虫歯になるには、簡単にいうと3つの条件があります。
1つは、プラーク(歯垢)の中に棲息する虫歯菌の存在。2つ目は、食後にお口の中に残る糖分。そして、3つ目がブラッシングまでの時間です。

虫歯菌は食後30分くらいすると活発に動き出し、お口に残った食べかすに含まれる糖分を栄養源として酸を出し始めます。この酸が歯の表面のエナメル質や、内側の象牙質を溶かしていきます。そのため、食後の丁寧なブラッシングでお口の中に糖分を残さないこと、できるだけプラークを落とすことが大切なのです。


虫歯の進行段階と治療法

C0【ごく初期の虫歯】

症状
歯の表面のエナメル質が溶け始め、白く濁っている状態。
まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。
治療法
適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。

C1【エナメル質の虫歯】

症状
エナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たい物がしみることがありますが、まだ痛みはありません。
治療法
虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。

C2【象牙質の虫歯】

症状
エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たい物や甘い物がしみるようになり、ときどき痛むこともあります。
治療法
虫歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)で補います。

C3【神経まで達した虫歯】

症状
神経まで虫歯が進行した状態。熱い物がしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。
治療法
神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。

C4【歯根まで達した虫歯】

症状
歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。
治療法
多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やブリッジ、あるいはインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。


トータス歯科クリニックの
虫歯治療の特徴

当クリニックでは簡単な虫歯治療であっても、約30分のお時間を確保させていただいております。治療内容についてもきちんとご説明しますので、ご安心ください。

また、虫歯は再発しやすい病気ですので、メンテナンス方法についてもきちんとアドバイスし、予防につながるご提案をしていきます。

虫歯でないのに歯がしみる

知覚過敏の症状かも

冷たい物がしみるなら、それは知覚過敏の症状かもしれません。知覚過敏は、なんらかの力が歯に加わることでエナメル質がすり減り、刺激が歯の神経に伝わって歯がしみる症状です。

ストレスなどによる噛み締めや歯ぎしり、強すぎるブラッシングなどが原因として考えられます。放っておくと虫歯などの原因にもなるため、きちんと処置しておきましょう。

知覚過敏の治療法

患部をクリーニングし、お薬を塗布したり、コーティングしたりといった治療法があります。
塗り薬でよくならない場合は、レジン(歯科用プラスチック)を詰める方法もあります。ケースバイケースで対応いたしますので、気になる症状があれば当クリニックまでご相談ください。

大切な歯の根を残す根管治療

虫歯によって歯の内部の神経まで冒されている場合、根管治療を行います。
根管治療は、抜歯をせずにご自身の歯を残す大切な治療法です。

根管治療では、神経や血管などを取り除き、歯の内部をキレイに洗浄・消毒した後、薬剤を詰め、最後に歯の土台を作って被せ物を装着して歯の機能を取り戻します。

歯の基礎となる部分の治療ですので、長持ちさせるためにも細心の注意を払って行っております。